ボクの息子はもう子鉄じゃないかもしれない。

子鉄ヤンヤン(小6)の父であり、実写版アラレちゃんの娘ミーミー(年長)の父が、鉄道や子育てを楽しみながら、地方鉄道を救済していく物語です。子供の「だいすき!」「やってみたい!」を大切に子育てをしています♪(旧ブログ名:適応障害でも鉄道に乗りたい!!)

MENU

ブタゴリラ!コロッケが食べたいナリ!東海道新幹線で「みしまコロッケ」を頬張る!

みなさん、こんにちは!

10月から懐かしのドラゴンクエスト ダイの大冒険のアニメ放送が始まりましたね。小学校の時よく見ていました。
ヒュンケルがかっこよかった!

しかし、
最初あんなに強かったクロコダインが、話が進むにつれて噛ませ犬に成り下がっていくのが、かわいそうでかわいそうで・・見るのをやめました。

 

ドラゴンボール超もそうですが、平成初期のアニメが再来するのはすごく嬉しいです。
そんな中で期待したいものの1つがキテレツ大百科ですが、
このブタゴリラ」といういじめに近いあだ名
そのまま放送したらBPO放送倫理・番組向上機構)から止められそう・・・

そんなキテレツ大百科で欠かせないコロ助の大好物「コロッケ」ですが、前回の記事で茨城県の「竜ヶ崎コロッケ」を紹介させていただきました。

今回は、「竜ヶ崎コロッケ」のライバル(?)
「みしまコロッケ」を食べに行きましょう!

smallanthussonchifolius.hatenablog.com

三島駅へは東海道新幹線。のぞみ号とほとんどのひかり号は止まらないので気をつけましょう。最近はコロナの影響もあって、自由席がメッチャ空いています

熱海駅を過ぎて、長大な新丹那トンネルをわずか5分で抜けて三島駅に到着します。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204303p:plain
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204259j:plain
こだま号に多く使用されるN700系。三島駅には新幹線の車庫もあり、トンガリ屋根が印象的。(キテレツだけに)

みしまコロッケは、箱根西麓産の馬鈴薯メークインを使用するというのが要件になっているので、ゆるい定義づけが特徴。
そのため、首都圏各地でも食べられるほか、駅周辺のお土産屋さんや飲み屋産でも食べることができます。


f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204345j:image

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204349j:image

駅前にある「源氏」さん。
お品書きにもきっちりも「みしまコロッケ」が載っています。
お値段も200円とお手頃。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204409j:image

マチのほっとステーションローソンにだって売ってるんです!
エルチキなどと並んでレジの横に置いてあります。
お値段もなんと!100円!早速買って食べてみましょう!


f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204424j:image

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204440j:image

三島駅のバスターミナルにはゆっくりできるベンチがたくさんあります。
早速付属のウスターソースをかけていただきますムシャムシャ♪( ´θ`)


f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204501j:image

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201217204458j:image

うむ!よい品質の馬鈴薯を使っているだけあって、
粘り気というか、とろみというか、優しい食感です。衣はサクサクなので、
そこのとギャップも楽しく、ほのかなお芋の甘味も心地よいです!


f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201218110623p:image

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201218110618j:image

おいしいコロッケを食べた後帰りの新幹線までの待ち時間は三島の鉄道を楽しみましょう。左の写真は伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れる特急踊り子185系

歴戦の勇者ももうすぐ引退です。はてなブログに投稿しました #はてなブログ

右は新幹線改札から南口に向かう連絡通路のエスカレーター。
途中でいったん平坦になる、息子のヤンヤンが大好きなやつ。

そんなヤンヤンがそろそろ帰ってくるので帰路に着くことにします。ありがとうございました!