ボクの息子はもう子鉄じゃないかもしれない。

子鉄ヤンヤン(小6)の父であり、実写版アラレちゃんの娘ミーミー(年長)の父が、鉄道や子育てを楽しみながら、地方鉄道を救済していく物語です。子供の「だいすき!」「やってみたい!」を大切に子育てをしています♪(旧ブログ名:適応障害でも鉄道に乗りたい!!)

MENU

東急田園都市線に温泉なんてあるはずがない【溝口温泉 喜楽里】

みなさん、こんにちは。

今日は住宅街にあろうはずがない天然温泉を紹介します。

しかも、源泉掛け流し

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303104024p:plain

2022年度までに新型車両に置き換えられる予定の8500系は、デビュー当時の通勤型車両としての技術の集大成として、鉄道友の会よりローレル賞が贈られた。

気になる場所は、東急田園都市線大井町線とJR南武線溝の口駅武蔵溝ノ口駅です。

渋谷駅が起点の田園都市線に乗って急行で3駅約12分という好立地で、マルイを核テナントとした大型商業施設ノクティなど、駅前はかなり賑わっています。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303104046j:plain

南口のバスターミナルは、主に川崎市営バスが発着する。

一方で、駅から少し離れれば、緑が適度に残る住宅街が広がっています。

温泉には、南口バスターミナルから東急バスヶ谷行きバス(溝22系統)に乗ります。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303104105j:plain

南口から発着する東急バスは溝22系統のみ。東急バスは反対側の北口バスターミナルから多く発着している。

バスに揺られて11分。

8つ目の「橘小学校」でバスを降ります。

道路の向こう側に見えるのが溝口温泉 喜楽里(きらり)です。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303110947j:plain

橘小学校バス停からは、歩道橋を使って反対側に渡って温泉に向かう。

エントランスは落ち着いた佇まい。

なんと!ここは中学生以上でないと利用できないオトナな温泉なんです。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303111005j:plain
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303111018j:plain
落ち着いた和風の門扉より細道を抜けてエントランスに至る。

館内は、お風呂のほか、お食事処、マッサージ、ゲームコーナー、お休み処があります。

お休み処は、お風呂あがりに昼寝をしていいエリア。

1人1人リクライニングベッドが置いてあるので、ゆったりと過ごすことができ、女性専用エリアもあるので安心です。

小学生お断りならではの贅沢な空間ですよね。 

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303141246j:plain

喜楽里は溝口温泉の源泉を汲み上げており、溝口温泉を楽しめるのは、この喜楽里のみ。

内風呂は、源泉循環の黒湯

アルカリ性のナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉で粘り気があり、お肌を包み込んでくるような泉質です。

しかも、炭酸風呂になっていて、血行促進も期待できるんだそう。

他にも、お肌に優しい乳白色シルク風呂、ジェットバスと露天風呂もあります。

露天風呂は源泉掛け流しの熱めのお風呂と、少し温度が低めの源泉加温循環式のお風呂があります。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303155034p:plain

画像出典:溝口温泉喜楽里公式サイト

https://www.yurakirari.com/kirari/mizonokuchi/spa.html

もちろん、いま密かなブームのサウナも!

サウナは、遠赤外線で発汗を促すタワーサウナと、ヨモギの香りの塩サウナがあります。

タワーサウナは一般的なサウナで、テレビを観ながらゆっくり汗を流せます。

このテレビは高温で壊れたりしないのであろうか・・・。

ヨモギ塩サウナは、タワーサウナほど熱くはありませんが、部屋が湯気で充満してまわりが全く見えない不思議な空間。

自分と向き合うにはぴったりな空間です。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303155237p:plain
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303155302p:plain

画像出典:溝口温泉喜楽里公式サイト

https://www.yurakirari.com/kirari/mizonokuchi/indoor_bath.html

他の温泉の話ですが、先日息子ヤンヤンもサウナデビュー。

子供を銭湯に連れて行くとお風呂よりもサウナ後用の水風呂でキャッキャっとはしゃぎますか、これが更に楽しくなったよう(´;ω;`)

入浴マナーは守ろうね💕

 

お風呂から出たらお楽しみのお食事処。

お食事処「ごちそう屋」は、ヘルシーなせいろ蒸し料理が充実していて、四元豚、サーモン、自家製豆腐などを蒸して止みません。

他にも、そば、うどん、定食、丼もの、ラーメン、カレーがあります。

特にカレーうどん(そば)は、チーズを載せたり、トンカツを載せたり、もう、載せ載せだぁ。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303141239j:plain
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210303141243j:plain
カレー、うどん、とんかつという息子ヤンヤン垂涎のメニュー。早く連れてきてあげたい。

今回は、自慢のとんかつカレーうどんをいただきます。

ここのとんかつカレーうどんは、スープがカレーうどんスープというより、もはや普通のカレー

トロットロに仕上がっており、うどんの麺にカレールウがしっかりと絡んでいい味です。

シメにさらに白飯をスープにぶち込んでカレーオジヤにしてもいいくらいです。

 

いかがでしたか?

以外と近くにもある天然温泉。

わざわざ観光地に行かなくても、ちょっと仕事帰りに温泉に行ってみませんか。

溝の口では、銭湯や温泉地からお湯を運んでくるタイプのスーパー銭湯にはない、源泉ならではのいいお湯がありました。

 

無事に記事を書き終えたので、お休み処で昼寝をすることにします💛

おやすみなさい💤

www.yurakirari.com