ボクの息子はもう子鉄じゃないかもしれない。

子鉄ヤンヤン(小5)の父であり、実写版アラレちゃんの娘ミーミー(年長)の父が、鉄道や子育てを楽しみながら、地方鉄道を救済していく物語です。子供の「だいすき!」「やってみたい!」を大切に子育てをしています♪(旧ブログ名:適応障害でも鉄道に乗りたい!!)

車掌車の中で食べるランチはおいしいかい?~古い車両が第2の人生を送るレストラン「G-Station」~

みなさん、こんにちは!

みんな楽しみにしている(?)定年後の第2の人生

田舎に引っ込んで悠々自適な生活!いいですよね。

そんな第2の人生を送るのは人間だけではありません。

電車もなんです。

よくあるパターンは、都会で走っていた電車が田舎の地方鉄道に移す例です。

例えば、もともと東急東横線で走っていた列車が、東急の子会社の上田電鉄で走っていたり、地下鉄日比谷線で走っていた列車が長野電鉄で走っています。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318214638j:plain

長野電鉄長野線で運用される元日比谷線の電車。

もうひとつ、人気の第2の人生は退職金でカフェを夫婦で開業!なんてのもありますね。

これ、電車もやっています!

今回紹介するのは、このパターンです。

 

その名も、千葉県長柄町のオーガニックレストラン g.STATION(ジーステーション)

「リソル生命の森」のリゾートエリア内にあり、最寄駅はJR外房線誉田(ほんだ)駅

駅前ロータリーから、無料バスが出ていて、約30分で到着します。

 

「リソル生命の森」の施設のひとつである乗馬クラブ「エバーグリーンホースガーデン」に隣接する

「レストランG-STATION(ジーステーション)」。

 

食べることにも全力な娘のミーミーがものすごい勢いで駆けあがっていきます。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193427j:plain

乗馬クラブで引き馬の体験をしたミーミー。おなかがすいて仕方が無いよう。

敷地にあったのは、だいぶ年季の入ったこの車両

公式サイトでは、「古い電車を改装した」と記載されていますが、これは電車ではありません。

 

残念!!

 

これは、「車掌車」といい、昔、貨物列車の1番後ろに連結されて、車掌さんが乗車していた車両のことです。

斬り!!

 

車掌さんだけでなく、荷物も一緒に載せることもあったようで、「緩急車」と呼ばれることもあります。

現在の貨物列車では、このような車掌車は使われていません。

車両の形と、緑に塗られた塗装から察するに、ヨ5000形でしょうか?

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193433j:plain

リソルの森でレストランとして第2の人生を送るヨ5000形。

車掌車は、緊急停止用に手回し式のブレーキハンドルが着いています。
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318230441j:image

非鉄のミーミーも興味津々。

床下を見てみましょう。

僕たちが普段乗る列車と違って、車輪の数が少ないですね。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193351j:plain

車掌車を間近で見られる機会はめったにない貴重な体験。

レストランは、3両のヨ5000形をつなげて1つのお店として設えているようです。

しかし、朽ち果て方もすごいので、なんだか、入るのに勇気がいりますね・・・。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193416j:plain

車掌車3両連結なんて実際の運用では考えられないので、ある意味貴重な配置だとマニアはニヤニヤしてしまいます。連結部分はうまく壁を作ってお店として一体化させています。

外の朽ち果て方とは裏腹に、中はオシャレなバーのような内装

たくさんのお酒が置いてあります。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193354j:plain

木材をふんだんに使用したおしゃれな内装。乗馬を楽しんだ後にはピッタリな雰囲気。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193431j:plain

かつての車掌さんもこの窓から景色を眺めていたのでしょうか?

さて、車両の中はバー形式なので、家族でのお食事は車内ではなく、別棟でいただきます。

車両の入口のすぐ反対側にあり、ここからは乗馬クラブの様子も見ることが出来ます。

僕たちが入店したときは、乗馬の練習を終えた学生さんが食事をしていましたよ。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193445j:plain

こちらも乗馬をたしなむ紳士淑女にピッタリな内装。

レトロな雰囲気で、開放感もあり、食事もおいしく頂けそうです。
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193346j:image

ところどころにが配置されています。
f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193401j:image

 

ランチメニューはこちら。

グラタンとパスタは日替わりメニューになっています。

すべてのメニューにこのレストランのおススメ「ガーデンサラダが付いてきます。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193419j:plain

ガーデンサラダ無しという選択肢はないランチメニュー。それだけおススメってこと。

ガーデンサラダが来ました!

サラダとしてはなかなか食べないマッシュルームが嬉しいですね。

フレンチドレッシングがかかっていますが、野菜の甘味もしっかり感じられるサラダでした。

しかも、結構ボリュームもあるので、身体が喜んでいるのを感じられます。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193423j:plain

ガーデンサラダとオレンジジュース。

チキンステーキと雑穀米を頂きます。

チキンステーキは、表面がパリッと仕上がっており、ややスパイシーな塩コショウで味付けをしてあります。

ソースにツケツケして食べると、香ばしさ100倍です!!

添えられているパプリカも、すごく甘くて、これはノーソースで頂きましょう!

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193358j:plain

チキンステーキとオレンジジュース。のどが渇いていたので、ガーデンサラダを食べただけでオレンジジュースが半分まで減っている。

ミーミーが食べたのは、本日のグラタン「ミートグラタン」

ガーデンサラダも含めてペロッと食べてしまいました

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193413j:plain

ミートグラタン。

奥さんは、本日のパスタ「スモークサーモンと有機野菜のクリームソース」。

ペロッと食べてしまいました

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20210318193537j:plain

スモークサーモンと有機野菜のクリームソース。

以上、車掌車だけでなく、非鉄の家族も乗馬にランチに大満足の1日でした。
しかし、千葉県といえども、日帰りは少し厳しい立地。

リソルの森は、東京ドーム70個分の敷地を持つ体験型リゾート。

ホテルだけでなく、グランピング施設もあります。

また、ロングジップスライドや、ゴルフ、フォレストアドベンチャー「ターザニア」もあります。

ターザニアは、ハーネスをつけて樹から樹へと空中を移動して楽しむアスレチックで、ランチの後ミーミーと挑戦してきました。

はじめての空中アスレチックに、アドレナリンが口から洩れてしまいました。

すごく楽しかったです。

 

↓リソルの森全体の公式サイト

www.resol-no-mori.com