ボクの息子はもう子鉄じゃないかもしれない。

子鉄ヤンヤン(小5)の父であり、実写版アラレちゃんの娘ミーミー(年長)の父が、鉄道や子育てを楽しみながら、地方鉄道を救済していく物語です。子供の「だいすき!」「やってみたい!」を大切に子育てをしています♪(旧ブログ名:適応障害でも鉄道に乗りたい!!)

エッジの利いた個性を活かす道とは!?〜215系電車を愉しむ〜

みなさん、こんにちは!

昨日元気よく遊びすぎたのか、今朝「なんだか寒い・・・」と具合が悪そうな
ミーミー。熱はないようですが、大事を取って、保育園をお休みすることにしました。

そして、少し横になった末、たちまち元気になり
2段ベッドの上から緊急事態宣言の時に買ったトランポリンに飛び降りたり
クリスマスリースを作ったり、おやおや、これからピアノの練習をするようですよ。
お兄は学校でいないので、羽を伸ばしてやりたいことをやってくれるといいと思います。

さて、僕の休職期間も残り1か月となり、娘も家にいるということで、
基本自宅(車庫)で休んでいる215系電車を紹介します。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201130101520p:plain

横須賀線の線路を快走する215系(西大井~品川)

215系は、1992年に登場した車両で、なんとオール2階建ての10両編成
ダブルデッカーライナーと呼ばれ、4編成、合計40両が活躍しています。

オール2階建てといえば、上越新幹線E4系Maxがありますが、
在来線でもオール2階建てがあるんですね!

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201130090135j:plain

オール2階建てで16両編成時は定員1600人超えのE4系

215系は、かつては、東海道線の快速列車や、湘南新宿ラインなどでも活躍していましたが、オール2階建てクロスシート中には階段があって片側2つドアというエッジの利いた個性がアダとなり、遅延の原因となってしまいました。

そのため、現在は定期運用では平日のラッシュ時に運行される「湘南ライナーなど
1往復のみで、
それ以外は車庫で休んでいたり車庫と車庫の間をウロウロする毎日。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201130090620j:plain

韮崎駅に到着するホリデー快速ビュー山梨号の215系

臨時列車としては、
行楽シーズンに運行されるホリデー快速ビューやまなし」などに使用され、新宿から中央本線甲府駅などを通り、小淵沢駅まで運転されます。

そんなさなか、2021年春のダイヤ改正湘南ライナー特急「湘南」に格上げが決まり、今後は特急型車両のE257系が使われることとなり、
215系が活躍する定期列車は消滅することとなってしまいました。

f:id:GNUF1MgBPv6PRrd:20201130104629j:plain

特急湘南に使用される予定のE257系

このようにその個性ゆえに活躍場を減らしつつある215系。
しかし、強烈な個性が不遇の扱いを受けるのは、車両の世界ではありません。

会社や学校でも、個性豊かな人々が周囲となじめず、うつ病になってしまったり、
不登校になってしまうケースが後を絶ちません
適応障害となり、非障害ながらも自閉症スペクトラムの息子を持つ僕自身、
215系ちゃんを他人と思うことが出来ず
なんとか活躍の場を増やせないかなと思います。

JR東日本さんには、
ぜひ215系の個性を活かす活躍の場を増やせるように知恵を絞っていただき、
同時にエッジの利いた社員の力を引き出す多様性に満ちた会社になってほしいと思います。